一口にインプラント治療といっても、3つの段

一口にインプラント治療といっても、3つの段階に分けられます。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うありふれたケースのインプラント治療も当然、院内感染のリスクはゼロではありません。

いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることがキーポイントの一つです。院内感染防止の対策をホームページ内で述べている歯科医院も当然のようになっているので、調べるときは参考になるでしょう。

他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の腕次第でかなり治療実績には差があると考えられます。この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だと考えて欲しいのです。

手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラント治療の結果を左右するのです。

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、インプラントの埋入まで行けないこともあります。

ただ、「骨の厚みが足りない」や「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならまだあきらめなくて良いかもしれません。

最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療できるところが増えてきました。

あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして十分調べてください。

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽と考えてはいけません。

傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。残存している歯と同様に歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってまずは口腔内をきれいに保ってください。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院する必要はまずありません。

出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。

自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院することや、複数の病院で手術することもあります。

これらのケース、その他の困難なケースであれば治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。完全に歯がなくなってしまった部位にも使える治療法であるインプラント。

ですが、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあることです。後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるかもしれません。

インプラントの利用を考える際に、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。その点は、担当医の技量に加え、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、必ずしもこうなるとは言えず、人と状況によりけりなのです。

鎮痛剤を飲んで、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても腫れがなかなか引かないという時は、直ちに歯科で診てもらってください。

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用の問題も大きいと思います。

ほとんどのケースは保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によってもかなり費用が違うことも確かで、どの歯科医院を選ぶかによっても費用が異なることはもちろんです。

また、定期的なメンテナンスも必要ということも覚えておきましょう。

数々のインプラント治療の問題点について、いろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった話を聞いた方もいるでしょう。しかし、それは正しくありません。MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、そのため、MRI検査は問題なくできます。インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響はかなり大きいというべきでしょう。インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることがその後の治療に関わる重要な問題です。

周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素もかなりマイナスに作用します。

インプラント治療を順調に終えようとするなら、治療が無事終わるまでの間と思ってしっかり禁煙するべきでしょう。忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前に既往症を完全に治しておく問題が生じます。また、美容整形であごの骨に手を加えた方もリスクを背負っています。

最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療できないといわれる可能性は低いためまずは歯科医に全て話しておきましょう。人工歯としてのインプラントは虫歯を気にしなくて良いのですが、歯周病には気をつけてください。インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診は手を抜くことができません。

もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察してもらわなければなりません。他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗してもやり直しできないことが多い点です。

他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントが定着しなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を損傷する危険性もあります。簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が健全であれば上から冠のような形のクラウンをかぶせることが可能です。

その一方で、歯を抜いてしまった場合もし、入れ歯を採用しない場合、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を検討することになります。

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもインプラントは最適です。あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつける治療で、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛んだ感じも自分の歯に近くなります。何よりも見た目の自然さや快適な使用感を重視する方には最適です。

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。その耐用年数は、普通にしていれば一生物などと言われますが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや担当医の技量によっても変わるようです。

口内のセルフケアを怠れば、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。

加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、義歯の耐用年数自体にも影響が出ます。

一本のインプラント治療にかかる費用はインプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。

地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。

また歯科医の評判によっても治療費の総額を決めることになるので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して治療を始めても、決して遅くありません。チェック事項はいくつもありますが、まずインプラント治療を受けた方からの評価です。近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医の治療を受けようとすれば国外までも探しにいくというのもありえます。

インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界中の歯科医が研修を受けています。

一生使える第二の歯を求めて、決してあきらめてはいけません。

できるだけ幅広く情報収集するしかありません。

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは人工物を入れられた違和感を感じています。腫れがおさまると違和感は薄れるため変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるように歯みがきも気をつけてください。十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

大至急歯科医にかかってください。費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。実際のところ長く使っている症例は多くないのが現状ですが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本物の歯に匹敵する耐久性があると考えていいようです。そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長い間自分の歯と同じように使えますが、セルフケアの手を緩めると歯周病など、異常が起こることがあると考えなければなりません。1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがそもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にそこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。審美性を考えた場合、多くのケースではインプラントが良いと言えます。さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというデメリットも承知してください。どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、不断のケアが求められます。日頃から丁寧に歯みがきを行い、いわゆるプラークコントロールを完璧に行い、定期的な検診を欠かさず継続することが必須条件です。インプラントは虫歯にならないとはいえ、日頃のケア次第で歯周病になることは珍しくありません。

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。

けれども歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその費用もみておかなければなりません。標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

定期検診にかかるお金は基本的に保険が適用されるのでたいていは三千円程度に収まります。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を用意しておきましょう。手術して人工歯根を埋め込んだ後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためで時間が経つにつれておさまってくるケースがほとんどなので、気にしないでください。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、治療中に異変を感じたら速やかに歯科医の診断を受けることで早めの対応をしていきましょう。これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費が気になるのは当然です。実際のところ、費用の総額は歯科医院ごとに幅があるのが普通です。保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用設定は歯科医院に完全に任されています。しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが相場です。他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗をゼロにすることはできません。失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体に関わる問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの審美的な問題が起こることもあります。

このような危険をできるだけ避けるために、データや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

骨になじんで比較的安定しやすいため、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を一通り行い、治療方針を決めてから初めて治療開始となるので納得した上で治療を始められます。

それから、治療後には、メンテナンスを継続することによって安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、口臭を人から指摘されるようになったという件が割と少なくないようです。

これはなぜでしょうか。

一つには、歯茎の合間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしている可能性も考えられます。

より深刻な事態を食い止めるためにも、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。

まず、差し歯というのは、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、差し歯は利用しようがないということです。

対して、インプラントは差し歯と異なり、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。

https://picandmix.org.uk/