一口にインプラント治療といっても、段階が大きく3つ

一口にインプラント治療といっても、段階が大きく3つに分かれます。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというプロセスをたどります。

長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。

仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療できるところが増えてきました。

よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことを勧めます。

インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、マイナスの部分も理解しておきましょう。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。難しいケースでは数十万円かかるケースもまれではありません。また、治療の失敗内容によっては障害が残るような健康被害も起こりうるデメリットも忘れないでください。

障害を負うにとどまらず、治療によって死亡したケースもありました。

インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないなどの要望があるケースです。

例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯だけを根元から再生する治療になります。周辺の歯に影響を与えたくないと要望があるケースではインプラント治療を優先して良いでしょう。インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので当然、その度に費用を支払います。普通は、三ヶ月に一回のペースで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険が適用される治療がほとんどを占めるためたいていは三千円程度に収まります。

標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を見込んでおいてください。

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどんな歯科医にかかるかです。

インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の技量は厳しく問われるので大きく違ってくると言うべきです。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法なのは明らかで、とにかく入念に、歯科医選びをすることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。残念ながら、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり治療費を収入から引くことができます。

確定申告を行うときには、歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が医療費の支払い証明になるのでもらったものはしっかり取っておいて他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちすると考えてはいけません。小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってまずは口腔内をきれいに保ってください。そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

年々利用者が増えてきたインプラント。

その施術とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。

この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの熟練の技が必須といえるでしょう。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。

年々進化を続けるインプラントの技術。近頃では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それも皆無とはいきません。

酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、噛んでいるとグラグラしてしまうというケースも稀に報告されています。

そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足に起因することが多いといえます。インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。

とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずこうだと言い切れるものではなく、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。鎮痛剤を飲んで、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費の高さは重要な問題ですね。

現実には、治療費といっても歯科医院それぞれで差があると考えるべきです。

保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に設定できるのです。

それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的な相場とみて良いでしょう。インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題もあります。

リスクをできるだけ減らすためには歯科医はともかく慎重に決めてください。本当に選りすぐりのインプラント専門の優れた歯科医を探したいならば、日本だけでなく、海外の歯科医を探すという手段もあります。北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。

長期間快適に使える歯を手に入れるため、そう簡単に断念せず、できるだけ幅広く情報収集するしかありません。歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。骨と一体化して安定した歯根となりやすく金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など十分な検査を行い、結果を検討した上で本格的に治療をすすめていくので納得した上で治療を始められます。

一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを継続することによって安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い感じで噛めるので、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもまた嬉しいですね。両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい丈夫に作られていることはいうまでもありません。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならこの人工歯治療は保険適用が可能な他の治療方法よりもコストがかかり、設備や技術も要するからです。

あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

全面的に保険がきくことにしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費が高額になることは問題点です。

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントが定着しなければ普通は再手術しか手段はなく、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、手術時に神経を損傷する危険を伴います。

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、その部品の接続構造により、以下に示す何通りかに分かれています。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているものが1ピースタイプです。他に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、パーツ同士の結合部の形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に生活するよう気をつけてください。普段よりも静かに過ごすようにして日常生活以上の負荷がかかる運動は控えることが望ましいです。血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。

運動を毎日のように行っている方は、いつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。入れ歯で噛むと食べた気がしない、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方に適用されるのがインプラント治療です。あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、セラミックなどでできた人工歯をかぶせます。入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

どうしても外見や噛み心地を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は無視できないものがあります。

インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の一大関門となります。そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は例外なく阻害する働きをします。

インプラント治療の成功を願うなら、思い切って、治療が終わるまでの間は禁煙あるのみです。

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根が自分のものであるかどうかです。

虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が残せれば上からすっぽりとクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

抜歯した場合の選択は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を検討することになります。手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。これは、人工物を埋め込んで他の歯の神経も刺激されて反応したためで、時間の経過ともに落ち着くのがほとんどです。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、違和感がおさまらないときは放っておかずに歯科医にみせることを心がけてください。

インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはたぶんないでしょう。

一見したところ、自分の歯と同じくらいとってつけた感じにならず、この歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯だと気づかれることもほとんどありません。自然な見た目を重視している場合、最適な治療と言えます。

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが必須になってきます。患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、その分、インプラントの人工歯は、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、安堵するのはまだ早いのです。ずっと使い続けられるかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、その通りのケアを心がけてください。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。

治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終わるとその状態を保たなければならず、不断のケアが求められます。毎日、しっかりブラッシングすることで完璧なプラークコントロールが必要で、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらう必要はずっと続きます。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、普段のケアができなくなると歯周病などのリスクが増します。どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのはどこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。かなり専門性の高い外科的治療を要するので、症例数が多ければ多いほど良く、豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。それはもちろんのこと、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども後悔しない歯科医選びの決め手となります。

参考サイト