インプラント治療を始めるとき

インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、何といっても費用の問題でしょう。ほとんどのケースは保険適用外で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によってもかなり費用が違うことも確かで、自由診療のため、歯科医院によっても費用が異なることも事実です。

治療が終わっても、ずっと定期検診があるということも覚えておきましょう。

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。治療の選択肢がそれしかない患者さんが受ける治療です。抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を希望することになる患者さんが多いでしょう。入れ歯に比べ、インプラントでは歯根がある分だけ噛み心地は自然で、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、トータルで30万円から40万円と考えてください。

相場は地域によって異なります。

歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費は相当変わってくるので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、治療を始めても、決して遅くありません。

チェック事項はいくつもありますが、まずその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。骨になじんで比較的安定しやすいため、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった十分な検査を行い、結果を検討した上で本格的な治療がスタートするので安心して治療を受けることができます。

そして、治療終了後のメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、全身麻酔になることはほとんどありません。

血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は安全を期すため、入院を求められることもあります。あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。腸骨など自家骨の移植手術であれば手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。これらのどこかに当てはまる方は長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3ステップあると考えてください。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という流れは皆さん変わりません。

長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。その手術とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の熟練の技が必要不可欠と言っても過言ではありません。

それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということです。いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。なぜならインプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。

これを保険適用にしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。どんなインプラントも永久に虫歯から免れますが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。

もしも、インプラントの周りで腫れや出血があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。さらに深いところまで感染する可能性もあるため即刻診断を受ける必要があります。顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により以下に示す何通りかに分かれています。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。そして、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、パーツ同士の結合部の形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)があり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。

まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。

ケースによっては数十万円の負担になることも珍しくありません。また、治療の失敗内容によってはかなり深刻な問題が起こることもあるというのも、デメリットの一つです。

まれな症例として、手術後の死亡例もあります。これからインプラント治療を始めようと決めても、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

実際のところ、費用の総額は地域や、歯科医によって大きく異なります。

インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用設定は歯科医院に完全に任されています。

それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場だと押さえておきましょう。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることがほとんどです。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、特に手術後は、異変を感じたらすぐに歯科医に連絡することが治療を成功させるために必要です。「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。

差し歯は、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、埋め込む所がないので使えません。さて、そこでインプラントですが、これはチタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に義歯を装着して固定するというものです。

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはまずないと考えてください。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な感じを保てるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればいかにも義歯だと思われることはいちいち考えなくて良くなります。

自然な見た目を重視している場合、この治療が一番ふさわしいでしょう。

喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響はかなり大きいというべきでしょう。インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の成否を分けます。

組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが確実にマイナスの作用があります。

インプラント治療のために何でもできると思うなら、最低でも手術から治療終了までの間、つらくても禁煙するのが正解です。

インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちすると思ったら大間違いです。

インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。

自分の歯のお手入れと同じように歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってセルフケアは欠かさないようにしましょう。

異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根部が残っているかどうかの違いです。

虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が損なわれていなければ自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせることが可能です。しかし、根から抜いた場合は入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、安堵するのはまだ早いのです。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。正しい方法を歯科で教えてくれるので、サボらず毎日のケアを行ってください。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、異常に気付くのも遅くなります。治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は原則的には一生持つとされていますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、担当医の技量によっても変わるようです。当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命にも影響が出ます。現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく検査の段階で断られることもあります。でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。

最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療可能になっています。通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。

普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、費用面で、治療を躊躇する方もずいぶん見受けます。

それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名前をつけて分割払いに申し込める歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、自分が希望する治療を始めることはできる状況になっています。

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、再度、大がかりな手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を損傷する危険性もあります。インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。

それからも歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので維持費がかかることを知っておきましょう。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うことを指示されます。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならずたいていは三千円程度に収まります。

標準的には、一年に1万円から2万円程度のお金がかかると見積もっておきましょう。インプラントはどのくらい保つのか、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが多くの意見です。すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間の使用も問題ありませんが、ひとたびケアを怠ればインプラントの維持が難しくなってしまうということを肝に銘じておくべきです。

インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の技量は厳しく問われるのでかなり治療実績には差があると考えられます。

この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法とされています。

とにかく入念に、歯科医選びをすることが治療の成否を決めるのです。インプラント治療の問題点を聞いたことがあると思います。問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという話があったのではないでしょうか。

しかし、それは正しくありません。確かに、MRI検査では磁気を使うので身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。

インプラントに使われるのはほとんどがチタンなのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査で問題になることはまずありません。本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医の治療を受けようとすれば国外までも探しにいくことも考えるべきです。

インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

長期間快適に使える歯を手に入れるため、そう簡単に断念せず、可能な限りの情報を集めるのが成就への第一歩です。

これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯に影響を及ぼしたくないなどの要望があるケースです。ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。これが、インプラントの埋入なら失った歯を直接再生する治療と言えます。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると要望があるケースではやはりインプラント適用が一番でしょう。

人工歯としてのインプラントは安定した使用感が得られ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはこの治療の良さでもあります。ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくインプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。

だから歯が取れるのではと心配する必要はありません。ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに頑丈です。もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

https://carobna-suma.com